好ましい心配りをもらい、嬉しかった毎日でした

我々には、男女ともにきびきびはたらくひとしかいません。

そういった皆さんの助手的本職や総務の本職をゼロ戦法に引き受けているのが俺だ。
そこそこ一大本職も多いし、相手方ザクザク本職を言いつけてくるのでストレスの多いショップだ。
しかも働き手のランチタイム会や親睦会など組合の値段でお食事をすることなども、当然のように俺が呼びだし番を言いつけられて、一度もその便利にあずかったことがありません。
組合の収益がよくても、他の働き手のヒューマンは昇給されたり、インセンティブが出たりするのに、俺はいつまでもおんなじお給与。それなのにどっさり妨害を見なきゃいけない働き手だけが増えていって。。。後から入った若い婦人も、「総務はこの人がやるから、様は紹介やってね」などといわれ、その後輩のお茶まで俺が入れできる措置。
その後輩女房のパーティーも、当然のように「呼びだし番手配ね」と言われ。
これは自社虐待なのかな?と衰弱もしましたが、返ってわずらわしい相性もなく、快適かもしれないと視点を変えてそれなりにやってきました。

そんなとき、とある紳士働き手が登用してきました。明るくアクティブで優秀な紳士ですぐに働き手の人気ものになりました。
やはりパーティーも何度も開かれていました。
俺はただひたすら、そのパーティーの受け取りを値段精算始めるのみ。
「いつも単独だけ加入させなくてごめんね」「常に呼びだし番させてスミマセンね」「有難う」こんなセリフは誰からも言ってもらえないのは、いつものことなので気にしていませんでした。

但し、その新入働き手の紳士だけは、翌日にひっそり俺にちっちゃな甘味といったコーヒーを差し入れてくれたのです。
「きのうは呼びだし番や残務対処をしてくれていたおかげで、俺は興味深い機会を送れました。ささやかですが謝礼だ。今度はとにかく一緒に呑みましょう!」という言葉づかいとともに。
俺は感激して涙が出そうになりました。

特別甘味をもらったことや、声をかけてもらったことがうれしかったわけではありません。
3通年、こういう組合に正社員としてまじめに勤めてきていて、「おかげで」「有難う」なんて言われたことが1度もなかったので、そういった労いの言葉づかいや安心の言葉づかいを言ってもらえたことや、yesに気づいてくれていたことが実に嬉しかったのです。

その紳士働き手が入ってきてから、自社も「有難う」「たすかったよ」などワンポイント音をかける因習がついてきました。
このようにその人の持ち味が、周りにいるヒューマンに大きく煽りをあたえることがあるのだなと実感しました。

私もこういう会社で「俺なんて!」と思いいじけて働いていましたが、声をかけてくれた暖かい新入働き手さんのように
私も界隈を明るくできるようなヒューマンでありたいというようになり、お礼や笑いを頑張っています。闇金に凄い弁護士一番3

About the Author

wp_sv_449_5025