ジャガイモの迫力といったずぼらな身

「ジャガイモって、やっぱ要求だって、付くずく思ったわ」
そうか、とにかくそうなのか、アバウトをした我々が御法度だったのか。

肉もある、人参もある、玉ねぎもある、ルーもある。
ただし、ジャガイモだけがなかった。
(ま、いいか、取りあえずジャガイモを入れなきゃならないって法はないんだからね)
ってアバウトな我々はジャガイモNOカレーを作ったのだ。
ともかく味見はした。
(こうしたもんだよね)
なんてアバウトな我々、、いい加減なキャラクターが一目瞭然です。
ただし夜間、家族でミールにカレーを食べたご時世、最初の一文に乗せたように長女に一喝?されてしまった。
ジャガイモの代わりにしめじは代用にはならなかったか、しめじはしめじで、素晴らしい仕事をしたは
おもうのだが。
ようするに、妻としての自尊心を必ず持って、メニューのパーツには妥協するな!
ということを学んだのだ。
ん?だとすれば、シーフードカレーはどうしてなんじゃ?という質問が沸いてくる。
それはそれで、奴ら(シーフード陣)がメジャーなのか、、
カレーは奥が深い、妻としての修業が足りないという反省を通して出直し妻になろう。
と言いつつ、今夜の惣菜はどうしようか、また、アバウトな惣菜になりそうな予感がする。誕生日ケーキを宅配するための情報サイト

About the Author

wp_sv_449_5025