お子さんはわくわく父母は心悸。初めての家族遠足

4月から入園した保育園に通い始めて、2か月が経過しました。

3年の姉と、1年の弟。ふたりとも保育園に慣れて、泣かずに楽しんでくれるようになり一安心しています。
慣らし保育が終わって、遂にライフスタイルをくつろげるようになった所ですが、早くも保育園セレモニー出現だ!
翌日はお弁当携行の「家族遠足」だ。
3年のお姉ちゃんは四六時中「えーんそっくにー行こう!」という、保育園で習ってきた遠足の歌を家でも披露してくれています。
お母さんも一緒に保育園の遠足に通えるのが、全然売りみたいですね。
次女は遠足にワクワクしてある様ですが、両親の我々はプルスの方が勝っています。
まったく入園したてで、他のお母さんたちとの交渉は朝と帰りの挨拶具合だ。
がんらい交流的ヤツではない我々なので、公明正大婦人同士の付き合いは反感が激しいだ。
保育園だと、1年前から入所やる子どもたちも多いので、もっとお母さん達の塊ができあがっておる所に、初心者が入って出向くのはまずまず根性がいります。
とはいえ、それより先に早起きを通してお弁当誕生ですね。
我が家の次女お子さんたちは、ハード大食いですので、婦人同士の付き合いより先に、大量のお弁当誕生に気力を入れて頑張りたいと思います!ヤミ金取り立てを当日ストップ

About the Author

wp_sv_449_5025